REX@きみつ

タイヤ

タイヤ交換やローテーションについて記録しておきます。

【タイヤデータ】
・BRIDGESTONE LIGHT TRUCK R202 V.STEEL RIB 商品コード LVR08216
・RADIAL 225/70R16 117/115 LT TUBELESS R202AZ
・外径 721mm 標準リム幅 6½インチ タイヤ幅 215mm

タイヤローテーション

前輪のタイヤ負荷は後輪に比べ大きいため消耗が早いこととスペアタイヤの有効利用を兼ねて、 前輪は前輪とスペアタイヤのグループ内でローテーションし、 後輪は後輪のグループ内でローテーションすることにしました。 (なお、取扱説明書では右回りにタイヤをローテーションすることになっています。)

【REXタイヤローテーション表】
年月日 和暦 走行距離
km
タイヤ番号 実施者 備考
スペア 前左 前右 後右外 後右内 後左内 後左外
2018年05月17日 平成30年 84,117 #0
(0)
#1
(2)
#2
(New)
#6
(?)
#5
(?)
#4
(4)
#3
(3)
タイヤサービス千葉
費用 235,000円
(内中古ホイル\15,000税抜)
前左タイヤバーストにより
全てのタイヤを交換
( )内は旧ホイール番号
2017年02月16日 平成29年 78,066 0 1 2 6 5 4 3 自分で 前輪のみローテーション
締め付けトルク=500Nm
2013年09月27日 平成25年 56,248 2 0 1 6 5 4 3 自分で 前輪のみローテーション
締め付けトルク=500Nm
2010年08月10日 平成22年 23,814 1 2 0 6 5 4 3 タイヤサービス千葉
工賃 約1万円
(前とスペア)(後)でグループ化
前輪はホイールバランス実施
2008年12月24日 平成20年 726 0 1 2 3 4 5 6 納車
※トラックの進行方向に向かって左側のタイヤのボルトは左巻ネジ・右側のタイヤのボルトは右巻ネジ
※2018/05/17 前輪右のホイールはタイヤバーストに伴う変形のため中古品に交換

2013年09月27日 ローテーション作業

標準工具が折れた!!
標準工具のホイールレンチハンドル(スペアハンドルロッド)のままではナットが緩まないので、
長さ1m の鉄パイプで延長して力をかけたところ直径25mmの頑丈な鉄棒が折れてしまいました。
大型トラック仕様の締め付け圧力はさすがに相当なものです。
このためギアレンチを購入することにしました。

旅行先でのタイヤ交換は業者に依頼するのが無難です。

ギアレンチで取外

タイヤ取外

トルクレンチで締め付け圧力調整

ジャッキ下降時の安全対策

2010年08月10日 ローテーション作業

タイヤサービス千葉

インパクトレンチで取外、取付

トルクレンチで締付力を調整

トルクレンチで締付力を調整してくれるので安心です。(ドラックでは義務化されたらしいです)

【REXタイヤ溝深さ表】
年月日 和暦 走行距離
km
溝深さ (mm) 備考
スペア 前左 前右 後右外 後右内 後左内 後左外
0 1 2 3 4 5 6
2010年08月10日 平成22年 23,814 10.2
10.3
9.7
9.7
9.7
9.5
9.2
9.1
8.9
9.0
9.8
9.2
9.2
9.2
ローテーション前
前輪タイヤの方が溝が深い(摩耗が少ない)ということになっています。予測とは反対の現象です! これからも傾向を観察しようと思います。
ただし、ノギスによる測定のため目安です。

2010年08月10日 ローテーション前のタイヤ

前右

前左

後左

後右

スペア

(2013/09)

足かせ

キャンピングカーの場合駐車場に止めっ放しの状態が長いのでタイヤ変形防止の意味でジャッキアップしています。 前車(BCヴァーノン)の時、前輪が変形してした原因である(と思っています!真偽のほどは不明) 車高が低いので車の下に潜り込むのはやっかいです。

REXは総重量が4トン強ですから一輪2トンあれば十分なはずですがホームセンターで購入した4TONジャッキでは無理があるようです。 ジャッキの表示ってどうなっているんでしょうかネ? 中国製の安物は避けてマサダの7トンジャッキを購入しました。
マサダ製作所(MASADA)7TON標準型オイルジャッキジャッキ MH-7(MH-7)
価格 10280(円) x 1(個) = 10280(円) (税込、送料込)

(2010/02)

タイヤゲージ

空気圧を適性に維持するため購入しました。 安全性に直結する測定器具でもありますので少々奮発しました。
後輪がダブルタイヤなのでタイヤバルブのキャップを簡単に取り外しできる「キャップドライバー(キャップツール)」は必須です。(MonotaROにて\550)


メーカー旭産業
品番AG8012-7
用途トラック・バス用
チャックウルトラチャックS C-A29(トラックアルミホイール対応)
測定能力(kPa)60~1200
最小目盛(kPa)20
寸法 (W×H×L mm)110×96×630
重量(g)610
参考基準価格¥31,900
購入先価格¥12,500
購入先MonotaRO
(2012/02)

ホイールナットの締付けトルク

取扱説明書からの引用です。

車種/項目 前輪ホイールナット レンチにかける荷重 後輪ホイールナット レンチにかける荷重
締付けトルク 個数 締付けトルク 個数
ダブルタイヤ
(フルフラットローを含む
全ホイールベース)
441 ~ 539 N・m
(45 ~ 55 kgf・m
5
または
6

90kg
441 ~ 539 N・m
(45 ~ 55 kgf・m
5
または
6

90kg
※ホイールレンチの端に手で体重をかけ、反動をつけて回すことにより約883N(約90kgf)の力がかかります。(体重 60kg の人の場合)
 【90kgf?ホイールレンチの有効長さを 0.6m とするとトルクは 90kgf x 0.6m = 54kgf・m になる。解りずらい説明ですね!】

取扱説明書のコピー: ホイールナットの締付けトルク

(2013/02)

タイヤ交換工具

Rexのタイヤ交換は大型トラックのタイヤ交換に使用する工具が必要になります。
今回、自分でタイヤローテーションできるようにトルクレンチを購入しました。

標準装備の交換工具

出先でのタイヤパンクの際スペアタイヤを装着できるように車に常備しています。
頑丈な鉄のかたまりでかなりの重量があります。


ホイールレンチ
スペアハンドルロッド

六角ボルト側

四角ボルト側

2013年09月27日 ローテーション作業で折れたスペアハンドルロッド(ジャッキハンドル)を購入しました。
REX用のスペアハンドルロッドは特注品で溶接で長くしているとのことで溶接部分で折れたものと思われます。(直径25mmの鋼鉄棒を人間の力で折るのは困難?) また、通常のトラックの標準工具であるジャッキハンドルを合わせて購入しました。
REX用スペアハンドルロッド \4,500(税別)
トラック用ジャッキハンドル \2,100(税別)

購入したトルクレンチ・ホイールナットコンビソケット・エクステンションバー

タイヤのトラブルは安全性に直結しますので締め付けトルクの管理ができるようにトルクレンチを購入しました。
標準装備のホイールレンチには接続できませんのでコンビソケット、さらには後輪用にエクステンションバーが必要になります。
トルクレンチはかさばるため自宅に置いておきます。
トルクレンチは高価なのであきらめていたのですがたまたま比較的安価なものが見つかり衝動買いしました。 とは言いながら、コンビソケット・エクステンションバーを含めるとかなりの出費になります。


ホイールナットコンビソケット
エクステンションバー

トルクレンチ
●全長(mm): 1234 ●質量(kg): 5.6
●材質(本体): カーボンスチール
●差込角(mm): 25.4 ●表面処理: サテンクロム
●トルク測定範囲(N・m): 150~800
●測定精度(%): 正回転±3、逆回転±6
●最小目盛(N・m): 5 ●材質(ハンドル): TPR

MonotaRO ★トルクレンチ MTR1-800 1本
キャンペーン特価 28,288円 (通常価格 33,280円)
25.4sq.インパクトレンチ用ホイールナットコンビソケット(薄肉) ABP8-4121TP KTC(京都機械工具)
価格 4880円 (税込、送料別)
25.4sq.エクステンションバー 400mm BE50-400 KTC(京都機械工具)
価格 7940円 (税込、送料別)



(2013/05)

大型車・トラック・バスのタイヤ交換用レンチ/58倍ギアレンチ

小さい力でタイヤのボルトを緩めることができます。
安価で「重量がある」ものを購入しました。

【仕様】

重量:7.7KG
差込角:25,4mm
ソケット:21mm、41mm
ギア比 : 1:58
最大トルク数:3800Nm(0~3,800Nm)

マニュアル

購入先(MARUBI 楽天市場店)
大型車・トラック・バスのタイヤ交換用レンチ/58倍ギアレンチ
価格 3,800円 (税込) 送料 1,050

(2013/09)
 

高速道路でタイヤがバースト

ゴールデンウィークに東北旅行に出かけた帰りの常磐自動車道上り線で前輪左のタイヤがバーストしました。

キャンピングカーは休日に出かけることが多く、事故が起こった時に頼る所が休業だったりして途方に暮れることがままあります。 今回も!ゴールデンウィークの休日でしたが任意保険のロードサービスに加入していたことでタイヤ交換業者をおまかせで手配できたことや 車線側でのタイヤの交換ではなかったこともあり最小限の安全対策で作業を進めることができ バーストからスペアタイヤに交換して出発するまでほぼ一時間半という短時間でしかも無料で済ませることができました。 JAFは車両重量が3トン以下の車が対象のためREXのような4トンを超えるキャンピングカーは加入できませんので「ニコス E-NEXCO pass」や 「任意保険のロードサービス」に加入しておくことをお勧めします。 なお、トラックベースのキャンピングカーはスペアタイヤを搭載していたとしても車両重量があり、タイヤを固定しているナットも標準工具では回らないほど堅く締め付けられていて 自分でのタイヤ交換はほぼ不可能と考えた方が無難です。
時速約80kmと比較的低速で走行中の前輪左側タイヤのバーストであったため車線中央側にハンドルを取られることもなく大事に至らなかったのは幸いでした。 REXのセールスポイントである「ワイドトレッドとロングホイルベースの効果」と「低重心による安定性」が転倒防止に大きく寄与したのではないかと思います。
タイヤは新車からのもので 使用期間 9.5年 走行 84,000km ですが溝は残っており、ヒビ割れは見受けられませんでした。 出発前に空気圧を点検し、10%アップの 6.5kgf/cm2 を充填していました。 前輪タイヤとスペアタイヤで2~3万km毎にタイヤローテーションしていましたのでバーストしたタイヤの実走行距離は60,000km程度になります。
バーストの原因は定かではありませんが何かを踏んだ瞬間にバーストしたか 何かを踏んでパンクし徐々に空気圧が下がってスタンディングウェーブを起こしバーストしたが考えられます。 さらに、REXは前輪荷重が厳しい設計になっていますので10年弱の使用によるタイヤ劣化が一つの要因であることも 否定できないのではないかと思われますが前キャンピングカーBCヴァーノンは12年間 走行 約80,000km の使用でトラブルなしでした。

時刻状況
10:27タイヤがバースト
近くの非常電話でNEXCOへ通報
発煙筒に点火
10:39連絡のため場所を141.2kmポストと確認
任意保険のロードサービスを依頼
10:56NEXCOの車が到着
NEXCOから貸与された黄色のジャケットを着用
非常停止板の設置
11:11ロードサービスの到着予定を連絡受
11:37ロードサービスが到着
スペアタイヤに交換
12:00交換終了
12:08出発

常磐道上り線141.2kmポスト

路肩に停車

前輪左がバースト

トレッドが剥がれたタイヤ

剥がれたトレッド

ロードサービスによる交換

バーストした部分

破損したプラスチックカバー

変形して脱落した泥除け

(2018/05)

前輪左泥除けの修理

タイヤのバーストで破損した泥除けを修理しました。 部品は車検に出しているいすゞの修理工場にお願いして取り寄せてもらいました。
パーツ番号に誤りがあったのか下側のネジ穴が少しずれて合わなかったのともともとFRPモノコックボディとの干渉で加工してあったため 加工しながらの取り付けとなりました。
部品代 \8,100


交換用泥除け

泥除け上部部

泥除け下部
 

タイヤカバー

タイヤの劣化要因に紫外線によるゴムの劣化が挙げられています。 自宅駐車場での紫外線防止にタイヤカバーを購入しました。 どの程度の効果があるかは疑問ですがキャンピングカーは長期間駐車していることが多いのでタイヤの特定場所が紫外線の被爆を受け、 部分的に劣化が早まることは容易に想像できます。 購入したタイヤカバーは適度な厚さでしっかりしておりタイヤの保管用カバーとは異なり上部に被せる構造で扱いやすくなっています。 タイヤの裏側で固定するフックは扱いづらいので100均で購入したドアストッパーをカバーと地面との間に差し込んで固定しています。 付属の説明書はたどたどしい日本語で書かれていて何となくほほえましい感じのものでした。 タイヤカバー説明書
\2,399 (Amazon)


(2018/05)

足かせ

自宅駐車場での長期間駐車によるタイヤの変形を防止するため車をジャッキアップし木片でタイヤを地面から浮かせています。
前輪用: h=240mm 後輪用: h=300mm